にっきじR

素敵なキラキラ兼業主婦?……ナニソレオイシーノ??

世界不思議発見しました。

スポンサーリンク

東京の街に出てきました

相変わらず訳の分からない事を

言ってみたんですね。

ちゅうことで、東京に来ました。今日から10日間15本立てでお送りする就職活動。

いい加減終止符を打ちたいものです。

本日到着後、一本目の説明会が待ち受けていたのですが、

30分遅れで飛行機が離陸したため挫折。。。

さっそく。前途多難である。

今日はいい事なかったなぁ。

プロン○でコーヒー頼んで180円だと思ってたら、なんかやたらでかいのが出てきてなぜか480円も取られたし。

極めつけの事件が世界不思議発見。

北村さんに到着の旨を電話で伝えると

「大変散らかっているので、覚悟してきて下さい」

とのこと。

課題が大変なご様子で。

 

傘もささずに豪雨を走り抜けようやくたどり着いた北村宅。

ドアを開けて、一瞬にして覚悟が打ち砕かれた。

 

玄関に散乱する靴。

プリント絨毯がお出迎え。

ふと、目をやると食器峠。

プリント絨毯の隙間をぬって部屋に入ると見えてくる

ペットボトル堤防。

さらに突き進むと、食べ終わったもの遺跡。

右手には脱ぎ散らかした衣服平原。

その奥にはホコリ&ダニ布団の海。

窓の手前には何を作っていたのか、切り倒されたベニヤ板の残骸とおがくず砂漠。。。

洗濯機の中は洗濯ものブラックホールが広がっていた。

 

こっ!これは!

未知の世界に驚きの色を隠せない私。

 

散らかっているというよりも、汚い!

 

家主の北村はバイトのため不在。

私は部屋に入って20分、何もできなかった。

趣味が掃除だと豪語する私でもさすがに汚い部屋の掃除にはなれていなかったのである。

 

20分間の脳内シュミレーションの結果、私は動きだした。

まず、被害の少ない玄関からスタート。

落ちているものを鮮やかに分類し、ゴミは分別してゴミ袋へ。

軽くクイックルワイパーでホコリを取りながら進む。

部屋に入り、部屋を3ブロックに分けながら進む。

手順は上に同じ。

おがくず砂漠は大敵であった。

手持ちの武器であるサイクロン掃除機がつまってしまい、フィルター掃除をしなくてはならないほどに。

 

ようやくおがくず砂漠を片付け、家全体に掃除機をかける。

しかし、いくら掃除機をかけてもかけても、足の裏にホコリがくっつくのである。

 

私は意を決した。

数少ないクイックルワイパーの紙に、霧吹きで水をかけ、床を水拭きするという快挙を成し遂げたのである。

この家にはぞうきんというものが存在しないのである。

 

そして、今晩の寝床になるであろうベットを入念に掃除機がけ。 私は極端にホコリ、ダニ、カビに弱いため、これらに触れると瞬時に湿疹が出てしまうのである。

 

最後に台所に取りかかる。これは厄介である。 食べ残しが大敵である。が、ココを片付けないと夜ご飯が食べられないので、必死に片付ける。

 

ようやく一息ついて、手を洗おうと思ったその時!

風呂場すら汚い。

私は洗った。浴槽、浴室、洗面台、鏡。全てをピカピカに磨き上げた。

 

そして、私の戦いは終わった。

終わった瞬間都合よく、北村さんが帰ってきた。

 

家の前の電柱の影から様子を伺ってたのではないだろうか。