にっきじR

素敵なキラキラ兼業主婦?……ナニソレオイシーノ??

液体の恐怖

スポンサーリンク

あー!ムカついた。

母からゆうぱっくが送られてくる予定だったのです。今日の8時ころ。

こねぇこねぇ。

で、やっとついたんですよ。10時に。

そしたら、配達員の人が

「これ、私がやったんじゃありません」

とか言いながら荷物を持ってきたんですよ。

「??」と、思いながら荷物を受け取りました。

確かに、ダンボール上面にしみのようなものがありました。
伝票がヨレヨレになっていました。

雨が降っていたので仕方がないと思ったのです。

荷物を引き取って、妹と開封する時

妹「なんか、ベタベタする」

「!?」

確かに、箱の湿っている部分がベタベタ。
そして、なんだか変なにおいがします。

箱の中のものを触りました。

母がカレー、スープ、忘れてきた洋服などを入れてくれたのですが



パッケージおよび洋服が全てしみだらけ。そして、ベタベタ。



ヌルヌルしました。箱の中のモノが。

洋服のしみを落とすべく、妹は洋服のしみを洗いました。


泡が

出た。

そして、服の色落ち。

その服は決して色落ちなどしたことがない、妹のお気に入りのパーカー。



なんじゃこりゃ。




急に恐ろしくなりました。

サリンとか、硫酸とかだったらどうしよう。

そうじゃなくても、危ない液体だったら。


母に電話。

父は怒り、郵政公社に電話。
しかし、液体の正体、および原因解明ではなく損害賠償の話ばかりされている。
クレーマー扱いされたらしく、父は余計に怒っているようだ。





液体が恐ろしい。


手を10回洗った。

強い洗剤のようなにおいが取れない。

手がかゆい。



液体が恐ろしい。


恐ろしいので、箱の中にすべてモノを戻して、ダンボールを玄関の外に出した。





危ない液体だったらどうしよう…。





11時半ごろ配達員が来た。


第一声目は謝罪ではなかった。
弁解だった。

腹が立った。

深夜ということもあり、怒鳴りつけはしなかったが。


コレはどういうことなのか。
何の液体なのか。
いつついたものなのか。
誰がやったのか。
被害にあったモノはどうなるのか。

問い詰めたが、彼は一切明らかにしなかった。

あまりに腹が立った。

「あなたがやったんじゃないですか?配達して第一声が『私じゃないです』だったら疑われても仕方ないですよね。」

彼は絶対にそれはないと言い張りました。

それを逆手に

「普通、集荷センターに着いた地点で荷物の状態はチェックされますよね。その時の報告はなかったんですか。そして、謝罪はないんですか」

彼は黙りこくりました。最終的には「すみません」という謝罪1度きりしか聴けませんでした。誠意のない声でした。

「今後のことはいつ分かるんですか」

彼は2~3日後だと言いました。

ありえません。

普通、このような事態が起こったときは総出で原因解明をするべきではないのでしょうか。

得体の知れないヌルヌルする液体がついていたんですよ?


彼は、結局自分の名前も名乗らずに、そして受け取り記録も渡さずに帰っていきました。

最悪です。

怒りのあまり、そのことに気がつかなかった私も悪いですが、彼は誠意のある対応をしようという気持ちは全くないようですね。



今、母から電話が来て荷物は預けられて液体がなにかを調べるそうです。

そこで気付いたのですが、火曜日からの合宿で使うスポーツシューズがその中に入っているんですよね。

明日、話をつけて取り戻さなくてはならないようです。


液体の恐怖が去った今、恐れているのは
配達員の逆恨みです。

何もされなければいいですけど。