にっきじR

素敵なキラキラ兼業主婦?……ナニソレオイシーノ??

東京は初夏の陽気

スポンサーリンク

スーツになれた。
満員電車にもなれた。

8時間たちっぱなしでも足が痛くなることはないし、帰ってから飯を作る元気もある。

桜が早々と散って、季節にそぐわない寒さを経て、入社してからようやく一ヶ月がたったのだ。


なれてきた。
休日にまとめて家事をするノウハウも、電車の中での過ごし方も、アルバイトスタッフとの雑談の仕方も覚えた。


なれた。


しかし、なんだろうな。怒涛のような時期が過ぎたからだろうか。

いつになく、寂しいものである。

休みの日もこれといってすることがない上、平日が公休日なので社会人はおろか、学生の友人さえつかまらないのだ。
北村さんもいない。


うーん。孤独。

そんなわけで、先日仕事終わりにいきなりKに電話をかけ、呼び出してみた。

幸いにもKは休みだったので、飲みにいった。
たのしい。

久々に大声で好きなことを遠慮なくわめきちらし、見境もなく腹から笑った。

持つべきものはちびっ子ギャングである。


一昨日、掃除をしていたら昔ネタで購入したときメモを発見。
経済的に困窮していたので、最寄りのブックオフに売りに行く。

なんと、1600円の高値がついた。嬉しい。

査定の間、店内をうろつく隙に見つけた乙女ゲームを購入。

350円の激安商品だったが、意外にも面白い。

ネタではじめたのに、狙いを定めているキャラが靡いてくれると殊更に嬉しい。

しかも、台詞がありえない。

こいつ、ワタクシにベタボレだわ!みたいな、爽快感に加え、有り得なさに苦笑しつつも照れ笑い。

休日の課題ができた!


しかし、23歳女子がせっかくの休みに睡眠時間を削って、乙女ゲームとは不健全極まりありませんな。

誰か、ワタクシを健康的な方面へと導いてたもれ。