にっきじR

素敵なキラキラ兼業主婦?……ナニソレオイシーノ??

ボッチエンヌ

スポンサーリンク

講義の後、仲間から励まされ、ヤル気を何とか取り戻し、
帰宅して無理矢理に作業をしたものの、やはり、腹が減ったので

日高屋で冷麺餃子定食を食べています。


え?夫?仕事だよ。
ここ10日ほど、夜は仕事だよ。



それでですね、ワタクシ、前からうすうす気づいていたことなんですけど、


友だちが少ないって言った時の
他人のフォロー半端ねぇ。



事実なんだけど、別に恥じていないので、
フォローされる覚えもない。のだ。


たまに、友だち多い人がうらやましくなるけれど、
徒党を無理やり組んで付かれるくらいなら、プライベートくらい好きにさせてくれ

という、思考なので、その辺が分かり合える人を友と呼ぶ。

それだけなのだが、大人になっても世の中はそうではなかったらしい。

ちなみに、知人はそれなりに多い。



そんなワタクシは一人での行動を大変楽しみに思っている節があり、

ひとりメシはもちろん
ひとり旅
ひとりカラオケ

など、一人行動をこよなく愛するひとりなのである。

一人行動ができる人ばかりが友達になりやすいので、友達以外の人からはなかなか理解されない。



そこで、疑問に思った。



なぜ、友達はたくさんいたほうが良いのかと。


たくさんの、いろいろな角度からの刺激がもらえるから?

でも、それって、別に友達でなくとも、人と関われば刺激は受けるものである。

ヘタになぁなぁな状態の友達のほうが、よっぽど刺激は少ないものではないか?



もちろん、刺激を与え合える友だちは多いといいと思う。

しかし、処理能力が低い私は、すべての刺激を処理すると多分爆発する。

だから、一人でいる時間が必要なのかそうなのか。


一人で考えたことは、人にぶつけると全然違って見えたり、いきなり答えが出たりするものだけど、


一人で考えずに人にぶつけて答えを得ようとするのは

どうなんだろう。

と、思ってしまうワタクシは、


あれなのかい。


( ゚д゚)



今日は、人に自分のことをきちんと言えるのってすごいなぁと思ったってことだね。

なんで、みんな、そんなに核の部分を惜しげもなく、恐れもせずに出せるのか。
恐れているし、惜しんでいるのかもしれないけど、どうして踏み切って出せるのか。
 


わからん。



ワタクシは多分、友達にならないとそれは無理と思っていたのだけれど。





なんなのさ!



。・゚・(ノД`)・゚・。