にっきじR

素敵なキラキラ兼業主婦?……ナニソレオイシーノ??

ラーメンが食べられない

スポンサーリンク

ちゃーお。ちゃおちゃお、チャオチャオズ。

アニマックスのドラゴンボールでチャオズがピッコロ大魔王にやられたよ。

 

明日も楽しく休日出勤。働くジャスサーの私です。

 

生活の何よりも睡眠を重視している私は、睡眠時間を逆算して、確実に6時間以上寝られるよう一日の過ごし方をフレキシブルに変更している人間なので、あと15分で寝なくてはなりません。

「毎日ブログを確実に更新する」というなぞのチャレンジは、私にとってかなりの負担になりつつありますが、クリアまであと半月という地点にたっているので、今日もがんばって更新したいと思います。

なんか、本来のブログの目的から反れているような気がしないでもないけど。

 

いろいろなテーマが浮かんでは、オチがまとまらないので、今日は普通の日記的な内容にしたいと思います。

 

今日のテーマは「ラーメン」です。

 

 

 

 

ラーメン。それは、どんくらい前か知らないけれど、遥か昔に大陸より伝わりしもの。

ラーメン。それは、時を経て日本食になったもの。

ラーメン。専門店がなりたつほど、みんなが大好きなもの。

 

私も大好きです。ラーメン。

生まれてから大学生になるまで、私にとってのラーメンは、土曜の昼に母が作るものでしたので、人生においてさほど重要な食べ物ではありませんでしたが、大学生になって、店でラーメンを食べて考えが変わりました。

 

この辺の話は、長くなるのでまた今度にして、

その大好きなラーメンが、最近食べられないのです。

 

金がないわけでもなく、暇がないわけでもなく、店がないわけでもありません。

 

 

 

最近の私のおなかは

 

ラーメンに耐えられないのです。

 

……

 

近所に結構評判の家系ラーメン店があり、深夜までやっていることもあり、しばしば食べに行っていたのですが、今年の春先からここのラーメンを食べると100パーおなかが痛くなるのです。

ひどいときには、食べた帰り道、尋常じゃない腹痛で帰宅直後トイレに駆け込みます。

一緒に食べにいった夫はなんともないので、おかしなものが入っているわけではなさそうです。

 

おいしいのに。おいしいのに悲しい……。

 

そこで、おととい、油のせいかと思い、意を決して「油超少なめにしてください」とオーダーしてみました。

 

帰り道は平気でした。

 

しかし、深夜腹が痛い。

 

翌日も腹が痛くて、会社についた瞬間、トイレとお友達。

 

ピーピー状態からは脱したものの、3日経った今でも、朝はなんだか胃腸の調子が優れなくて、シリアル食べておなかいたい。

 

原因はなんなのか。調べてみた。


あるラーメンを食べるとお腹をこわす - 素材・食材 - 教えて!goo

 

これによると、

「油(特に背脂)」

「ニンニク」

「かん水」

以上が原因ではないかとのこと。体質しだいだそうだけど。

 

ニンニクは多分違う。

なぜなら、家でアヒージョつくって、丸々3個くらいニンニク食べても大丈夫だから。(胃は燃え盛るけどね)

今のところの最有力の油は極力少なくしたけれど、もはや「抜き」にしなくてはならないのか。ラーメンの楽しみの8割を捨てることになるが。

ていうか、かん水だったら、もうラーメンあきらめなきゃいけないじゃないの。

 

会社の女性(かなり年上)が、「年々胃腸が弱くなっていくのよー」と言っておりましたが、もうそんな年なんですかね。

 

ジャスサーになった途端、白髪は出るわ、シミは見つかるわ、目の下はたるむわで、衰えが超絶激しいじゃないの。

さらに、内蔵まで劣化しているというのか。

 

「子どもを生むと、さらに劣化していくのよー」と、先の女性に言われたが、もうかなりの劣化が進んでいる私が子どもを生んだらどうなるんだよ。

 

最近仕事やら、家庭やら、この先やら、生き方やらで悩める私は、創刊されたばかりのプレジデントWOMANなるムック本を購入してみたのだが、読めば読むほど恐ろしい。

 

PRESIDENT WOMAN VOL.1 (プレジデント12.7号別冊)

PRESIDENT WOMAN VOL.1 (プレジデント12.7号別冊)

 

バイタリティ溢れる例ばかりで、私もやらねばなるまいて。と、息巻く反面、己のふがいなさに悲しみを感じる次第であります。

 

ある意味いろいろネタの宝庫だったので、ここから考えたことはまた今度まとめるとします。

 

今度ラーメンを食べるときは、油抜きにし、だめなら店を替え、魚介系にし、それでもだめならラーメンをあきらめなくてはなりません。

 

「もういい歳なんだから」という言葉に嫌悪感をもちながら、「もういい歳なんだな」と感じずには居られない、矛盾だらけのジャスサーの私です。