にっきじR

素敵なキラキラ兼業主婦?……ナニソレオイシーノ??

人はなぜ中身がわからないものにお金を出してしまうのか…

スポンサーリンク

f:id:mogmogmogtan:20170105150129j:plain

だるさ全開!私(@mogtan1984)です。どーも。

 

先日の高熱の余波のせい!ってことにして、仕事もそんなにないのでダルダルと本を読みながら、

まったりのんびり過ごしています。

それにしても寒い。

 

スポンサーリンク

 

 

さて、表題の件。

昨日目が覚めて、ふとんの中でムニャムニャtwitter見てたら、なんか盛り上がってました。

プロブロガーの有料noteを買ってみたら中身がクソだった……とか。

 

 

 

この件に関して、twitterでもブコメでもいろんなコメントが飛び交ってたので、

ボヤーッと眺めていたんだけど、

私の頭に浮かんだのは、大好きな福袋のことでした。

 

なぜ福袋を買ってしまうのか

www.yurui-life.com

今年は13年目にして「欲しいものが何も入っていない私史上最悪の鬱袋」を掴んでしまったわけなんですけど、

中身がわからないのに買っちゃうってあたり、通ずるものがあるなぁー……って。

 

福袋の話をすると、私と同じような福袋好きがたくさん集まってくるのと同時に、

「福袋絶対反対断固否定!」みたいな人もちらほらやってきます。

わざわざ「大好き!」って言ってる人の前に来て、

「福袋買うなんて馬鹿の所業」「金の無駄遣い」「安物買いの銭失い」と罵声を浴びせるのは、相当なエネルギーがないとできないわけですよ。

だから、黙ってるけど「バカだなぁ……」って思ってる人って絶対たくさんいるんです。

 

それはわかっています。

 

じゃあ、なんで中身がわからないもの、価値がわからないものに人はお金を出してしまうのか。

少なくとも、福袋に対して私は

「何が入っているかわからないワクワク感」にお金を払っています。

 

そしてその「ワクワク感」の正体は何かというと、

「福袋の金額以上のものが入っている(かもしれない)」

「自分では想像できないような良いものが入っている(かもしれない)」

「買わないよりも買ったほうが有益(かもしれない)」

という、

「なんかわからんけど得するかもしれない!」という、

超漠然とした「期待」なのです。

 

情報の価値って?

私は有料noteにはあんまり興味がないので、

この話を聞いたときは正直「なんで中身の分からないもの買っちゃうかなー」と思ったのですが、

私の福袋に対する「ワクワク感」を有料noteで得られる情報に置き換えてみると、

あら不思議。

気持ちがわからんでもなくなってきました。(゚ー゚;Aアセアセ

 

何かを成し遂げるために、情報がほしいと思ったとき、

本を読んだり、ネットを見たり、人と話したりして収集するけど、

「競争相手よりも、有益な情報がほしい!」と思ったら、中身の内容がわからないものに手を出してしまうかもしれません。

 

だって、

もしかしたら金額以上のものが入っているかもしれない

自分では想像できないようなことがわかるかもしれない

まだ誰も評価していないすばらしいものかもしれない

 

こんな感じで、よくわからない中身のnote買っちゃう気も、わからなくもない!

 

 

 

ただ、情報ってそれ自体に価値があるものって、そんなにないんじゃないかなーって思う。

特に名も知れぬ一般人が発する情報なんてのは、どうだろうか……って。

特別価値のある情報は、評判が評判になって、結局有名とか定番とか、王道とかになるんだよね。

 

また福袋の話に戻るけど、福袋界でも「これは毎年買い!」っていうのは結構あるんですね。

それこそ、前に買った人が「良かったよ!」って言って、それでどんどん買う人が増えていって、人気になるわけですよ。

「中身がわからないけど、あそこのは外れない」っていうのは、実績を信頼しているから買うんだよね。

 

やっぱり実績があって、評判がいいものを買ったほうが、間違いないんですよね。世の中。

(´;ω;`)

 

まとめ

だから、中身がわからん、評判もわからん有料noteを買うのも、中身がわからない福袋を買ってしまうのも

すべてギャンブル。

みんながみんな当たるわけではないのです。

 

売れたら100%嬉しいのは、売っている人だけなのです。

 

それに伸るか反るかは自分次第だな。

うん。

 

あ、有料noteすべてダメって言ってるわけじゃないよ。

やっぱりあれは、使い方だよね。

応援的な感じの課金は私は好きです。