にっきじR

ゆるゆるフリーランス兼業主婦のただの日記

出産から3週間たちましたまとめ

スポンサーリンク

 

出産から早くも3週間が経過しておりました。

お久しぶりです、私(@mogtan1984)です。どーもどーも。

赤子片手にタイピングしております。

 

ついこの前出産したかと思ったら、もう3週間たっちゃったんですよ! 早いもんですね。

この3週間、乳やり、オムツ替え、沐浴、寝かしつけと、自らの食事・睡眠・入浴のローテのみで消化しておりました。

ちなみに掃除洗濯、料理買い物、その他諸々家事一般は実家の親に泊まり込みで来てもらってやってもらってたのですが……

来週頭におかん帰っちゃうんだよね!

\(^o^)/

 

これから私と鳥人間(夫)だけでやっていけるのか……

超超超不安ですが、なんとか乗り切りたいと思います!

 

そんなこんなで、めっきりご無沙汰の間、時間と体力はなくともネタは山盛り!

あまりに每日いろいろ起きるもんだから、メモばっかり増えちゃうので、ここいらで「出産直後〜3週間までに思ったこと」をざっくりまとめて書いておきます。

 

1. 無痛分娩にして本当によかった!

麻酔で陣痛や出産の痛みを軽減できる無痛分娩。

私は「根性ゼロ、痛いの大嫌い」であることを自負していたので、迷わず無痛分娩を選択しました。

無痛分娩についてはいろいろ、賛否両論うんちゃらすんちゃらありますが、私個人としては大正解でした。

 

良かったところ

  1. 計画無痛分娩だったので全ての過程で心の準備ができた
  2. 陣痛開始から約8時間で出産できたので、体力の消耗を防げた
  3. 本当にほとんど痛くなかった

私は無痛分娩の中でも、陣痛からすべてコントロールして行う「計画無痛分娩」というものを選んだのですが、全てにおいて予定通り進行して本当によかったなーと思いました。

ちなみに陣痛で体力があまり消耗しなかったので、出産〜分娩室での2時間の記憶がちゃんとある上に、部屋に戻った後フツーに夕食を食べられました。

 

良くなかったところ

  1. 前処置はそれなりに痛い
  2. 低血圧による気持ち悪さがあった
  3. 計画ならではの困ったことがあった

計画分娩では人工的に陣痛を起こすための前処置が必要なのですが、これがそれなりに痛い。

いや、たぶん、陣痛には遠く及ばないくらいの軽さなんだろうけど、やっぱり心していてもそれなりに痛いので一応書いておきます。

あと血圧が普段から低い人は要注意。麻酔を投入された後、低血圧による気持ち悪さがありました。

聞いた話によると、人によっては嘔吐することもあるそうな……。

私はそこまでではなかったものの、結構辛い時間帯もあったので普段から低血圧の人はこれまた要注意。

 

で、最後の計画ならではの困ったことなんだけどね……

「8月◯日に計画出産」っていうのがわかっているからといって、陣痛中にお見舞いに来る輩がいるってことですよ!!

 

あれだけ来ないでって頼んだのに……ありえない……ありえない……。

いくら家から病院まで近いからって、陣痛室にリュック背負って「ヨッ!」って来ますか……フツー……。*1

(´・ω・`)

 

後生恨まれますので、「生まれたら連絡しますから分娩の日は来ないでくださいね!」って言われたら、おとなしく家にいましょうね。

遠慮しているわけではないです。というか、そっちが遠慮してください。

(´・ω・`)

 

2. 義実家の孫フィーバーが辛い

前項からの続きで思い出してイライラしているのですが……義理の実家がフィーバーしすぎて正直しんどいです。

これまでは付かず離れず、いい関係でお付き合いしてきたのですが、出産直前からウザ絡みが始まり、出産直後には爆発お祭り状態。

未だ冷めやらぬフィーバーに、私は疲労困憊。正直今後のお付き合いを控えたいレベルにまで発展しております……

(´・ω・`)

あまりのしんどみに、書き溜めておいたしんどい事件簿を放流しよう……

と思ったのですが、書いていたらとんでもない文字数になったので気が向いたら今度別記事で!

 

産後はホルモンバランスの影響によりガルガルしやすいせいだと最初は思っていたのですが、どう考えても私悪くないわ!www

これを機に産前のことを思い返してみると、いろいろ失礼極まりないこととか言われたりされたりしてきたなーと。

(´・ω・`)

 

3.赤子、想像以上に寝ない!

出産直後はひたすら寝ていた我が子でしたが、生後3週間の現在……

想像以上に寝なくなりました!

\(^o^)/

 

生まれたての頃はおむつが湿ろうが、しゃっくり止まらなかろうが、暑かろうが、寒かろうが、周りがうるさかろうが、腹減ろうがひたすら寝ていたのですが、徐々に注文が厳しくなり、最近では寝そびれると「だっこしろ!」と言わんばかりに泣き叫んでおります。

起きている間はひたすら「だっこ!だっこ!」と泣くので、世の中そんなに甘くないことを教えようかと、だっこせずにいたこともあるのですが、

この世の終わりか! ってくらいの顔を真っ赤にして、声が枯れんばかりに泣き叫んでいる姿を見るとさすがにかわいそうになってしまい、だっこしてしまうわけです。

すると、今までの形相が嘘のように「ピタッ!」と泣き止み、目をくりくりさせて「え?泣いてなんかいないけど?」みたいな顔をしているわけです。

 

\(^o^)/なんてやろーだ!

 

そんな感じで1日が終わってしまいます。

 

4.腕も腰も、肩も何もかも痛い

ずっと抱っこしているので、腕がとにかくいつでも筋肉痛です。

さらに低いところから胸元まで、毎時5回程度4kg弱のものを持ち上げているので、下手すると腰がやられます。

あと、每日2時間×3回くらいの睡眠時間なので、ひたすら眠いです。

眠い+痛いでなんか神経痛みたいなビリビリが常にあります。

私は数いる妊婦の中でも結構元気な方だと思うし、実母の24時間サポートがあるので全然マシな方だと思うのですが、それでもやっぱりなかなかしんどいものがあります。

ネタは山盛りで書きたい気持ちはあるけれど、時間があったらひたすら寝ていたいくらいのしんどみです。

事実、実母が面倒をみてくれる昼間はひたすら寝ています。

 

5.でも赤子、想像以上にかわいい

精神的にも肉体的にも、なかなかつらいことが多い出産直後ですが、自分の子供は想像以上にかわいいのでなんとかなりそうです。

どのくらいかわいいのかというと、泣き叫ぼうが、ミルク吐こうが、寝なかろうが、うんことしっこかけられようが、かわいいです。

生まれた瞬間涙を流して喜んだ佐々木希と渡部夫妻に対し、「ほほー。これが腹に入っていたのか」ぐらいにしか思わなかった私ですらそう思うので、人間うまくできているもんだなーと思いました。

 

ひとまず、息子が私を認識して笑ってくれる日までなんとか頑張ろうと思います。

 

まとめ

ひさびさに文章を書いたので、なんだかわからんまとめになってしまったけど……

うーん。とりあえず書いたことを良しとして、今日はこのへんで!

ばいびー★

*1:麻酔でフラフラタイムに呼んでない義父が来ました。ウッソー!